2020東京オリンピック、マラソンコース!どこを走る?みどころは?

未分類

2020年に開催される東京オリンピックのマラソンコースが発表されました。
どこを通るのか、みどころは?
いろいろ気になるところですね!

スポンサーリンク

2020年に開催される東京オリンピックのマラソンコースが発表されました。

どこを走るのか気になるところですね!

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピック競技大会における陸上競技のマラソンおよび競歩について、国際陸上競技連盟(IAAF)の承認を得て、コースを決定いたしました。

マラソンは、現在建設中の新国立競技場をスタート・フィニッシュとして、浅草雷門、日本橋、銀座、増上寺、東京タワー、皇居外苑など東京の名所を回る42.195kmのコースです。

競歩は、緑豊かな皇居外苑を舞台として、選手に大歓声が届くコースとなっております。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

新国立競技場(オリンピックスタジアム)~富久町~水道橋~神保町~神田~日本橋~浅草雷門~日本橋~銀座~増上寺~銀座~日本橋~神田~神保町~皇居外苑~神保町~水道橋~富久町~新国立競技場(オリンピックスタジアム)

このコースについて
選手としてはどうなのかを
シドニーオリンピックの金メダリストの高橋尚子さんは

スポンサーリンク

東京の名所を回るコースなので
選手にとても飽きが来ず
また応援する人にも応援しやすいコース
非常にペースも期待できるようなコースだと思う

ということを話されていました。

every.では今回のコースについて

今回のコースには特徴がいくつかあって、
皇居前と東京タワーの近くで折り返し地点があって、
高橋尚子さんによると
この折り返し地点というのは当然スピードが落ちるので
走るリズムが崩れてしまうということもあるが、
その一方で
メリットとしては
折り返すときにすれ違うことで
相手の選手の表情やペースを見ることが出来る。
ライバルの情報を得やすいという大きなメリットがあるということです。

また、
今回のコースには最初と最後に大きな坂があり
終盤の上り坂、およそ30メートルを駆け上る上り坂は
最後の最後まで勝敗がわからない展開になるのではないかということでした。

今回のマラソンの一番の課題は夏の東京の暑さで、
マラソンは基本的に涼しい時期に行われる競技なので
世界的に見ても気温が30度を超える大会は少ない

選手が全力を出せるためにも暑さ対策が必要ということで、

それは応援する側にも言えることですよね。

暑さ対策をしっかりして、
東京でのオリンピック、盛大に盛り上げたいですね!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました