友人の親、香典の相場、香典袋、葬儀に行くなら通夜、告別式

マナー

友人の親、父母が亡くなったと訃報を受けた時、
香典の相場、香典袋、
通夜、告別式についてまとめました。

スポンサーリンク

友人の親、父母が亡くなった時

香典の相場

友人の父母が亡くなったとの訃報を受け、
お通夜や告別式に参列する場合、
香典はいくら包めばいいのでしょう。

友人の父母の場合、
 3,000円〜5,000円ほどが相場になります。

相場
 20代・3,000円

 30代・3,000円〜5,000円

 40代以上・5,000円程度

スポンサーリンク

香典袋

選び方

お通夜、告別式の場合の香典袋は
相手の宗教・宗派に合わせた香典袋に包んで持参します。

各宗教共通で使うことができる香典袋は
表書きが「御霊前」を選びます。

香典袋もいろいろな種類がありますが、
包む金額によって香典袋は変わります。

〜5,000円・封筒に水引が印刷されたもの

10,000円以上・実際に水引きがついたもの

名前の書き方

香典袋の水引の下の中央にフルネームで書きます。
名前は薄墨の筆で書きます。
このような筆ペンが便利です。

薄墨の筆ペンが無い場合、
普通の筆ペンで書いてもマナー違反になることはありません。

お札の入れ方

香典袋に入れるお金は
新札ではなく、使い古したお札を入れます。

なぜ新札はだめなのか?
あらかじめ亡くなることを予測して準備していたという印象を与えてしまうので
新札は使いません。

お札の入れ方は
中袋が封筒の場合・お札の肖像画が上になるよう入れます。

香典の金額を書く時は旧字体で書きます
・3千円→参阡円
・5千円→伍阡円

通夜、告別式、どちらに参列

友人の父母が亡くなった場合、
通夜と告別式、どちらかに参列したらいいのでしょうか。

この場合、自分の都合に合わせて、
どちらに参列しても大丈夫です。

友人の旦那さんが亡くなった時

友人の旦那さんが亡くなった時の
香典について
こちらにまとめています>>

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました