洗濯機で洗えないものとは?なぜ洗えない?洗濯方法は?

未分類

洗濯機で洗えないものと言えば、何を思い浮かべますが?
なんで洗えないのか?
どう洗えばいいのでしょう?

スポンサーリンク

洗濯機で洗えないものとは?洗ってはいけないものとは?

洗濯機ならなんでも洗えると思いがちですが、
洗濯機で洗えないものがあるのをご存知ですか?

洗えないものがあるとすれば、何を思い浮かべますか?

⓵形くずれの可能性のあるもの

⓶皮革、毛皮製品
 
⓷絹、レーヨン、キュプラ製品(混紡品)、ベルベット

⓸防水性のあるもの(レインコートなど)

⓹ざぶとん、裏がウレタン、ゴム製、大型、厚手のマット類

⓺水着

⓻和服

これらのものが洗ってはいけないものですが、
なぜ洗濯機で洗ってはいけないのでしょう?

なぜ洗濯機で洗えないのか?どんなものが洗えない?

なぜ洗濯機で洗えないのでしょう?

・型崩れをするような衣類、もの

  ジャケットやネクタイ、ワンピースなどは、
  型崩れしてしまうため洗濯機では洗えません。

・ざぶとん、クッションなど

  破損によって綿やスポンジなどが出てしまうと
  洗濯機のつまりにつながる恐れがあるので洗えません。

・マットの裏側に、ウレタンやゴムのすべり止めがついているもの

  ウレタンやゴムが破損してしまって、排水経路につまり、
  機械の故障につながる可能性もあるので、洗うことはできません。

・水着
  プールの塩素や海水の塩分で、 
  ほかの衣類が傷んだり、
  劣化の原因となる可能性があります。

・防水性のあるレインコートなど

  防水性が高いので、洗濯時に水が通りません。
  また、洗濯機の強い水流で、
  撥水加工が取れてしまう可能性があります。  
  大きな異音、振動が出たりすることがあります。
  (これは、実際私は経験済みです。
   知らずに洗濯してしまい、洗濯機が大暴れしてました。)
  場合によっては機械の故障につながります。

スポンサーリンク

洗濯機で洗えないもの、どう洗う?手洗い?ドライクリーニング?

レインコートや水着は手洗いをしましょう。

型崩れしてしまうものや、
座布団やクッションなど、
洗えないとなっているものはクリーニングですね。

今は、学生服やクッションなど、
洗えないと思われるものでも
丸洗いOKというものもあるので、
衣類についているお洗濯のマークをよく確認してみてくださいね。

洗濯液の温度は最高30度までで、手洗いで洗えます。

洗濯、手洗い共に禁止です。家庭内での水洗いができません。

ドライクリーニングができます。

ドライクリーニングができません。

石油系の溶剤を使ったドライクリーニングができます。

まとめ

今の洗濯機は進化してるし、なんでも洗えるでしょうって思っちゃいますけど、
そうではないんですね。

お洗濯の表示をよく確認して、衣類を傷めないように気をつけることが大事ですね!

 
  

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました