マイナンバーカードの作成、申請、メリット、デメリット、子どもマイナンバーカード

生活

マイナンバーカードの作成について、
通知カードについて、
マイナンバーカードのメリットとデメリット、
子どもにマイナンバーカードは必要か、
マイナンバーカードについてまとめてみました。

スポンサーリンク

マイナンバーカードについて

マイナンバーとは
日本で住民登録をされている国民一人ひとりが持つ
12桁のマイナンバー(個人番号)のことです。

税金や年金、雇用保険などの行政手続きで使われます。

2015年10月以降に届いたのが、
通知カードと個人番号カード(マイナンバーカード)交付申請書です。

通知カードとは
日本で住民登録をされている国民一人ひとりが持つ12桁のマイナンバー(個人番号)
が記載されている紙製のカードです。

通知カードには、住所、氏名、生年月日、性別、
12桁のマイナンバーが記載されます。

マイナンバーカードは本人の申請により交付され、
個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用できます。

様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードです。

交付手数料は、当面の間無料です(本人の責による再発行の場合を除く)。

表面
氏名、住所、生年月日、性別、顔写真、
電子証明書の有効期限の記載欄、セキュリティコード、
サインパネル領域(券面の情報に修正が生じた場合、
その新しい情報を記載(引越した際の新住所など))
臓器提供意思表示欄

裏面
個人番号

マイナンバーの発行

郵送された通知カードの下についている
交付申請書または個人番号通知書を
持っている場合
スマートフォン、パソコン、郵便で申請ができます。

郵送された通知カードの下についている
交付申請書または個人番号通知書を
持っていない場合
①マイナンバー(個人番号)がわかっている(通知カードを持っている)場合
交付申請書と封筒をダウンロードして郵便で申請できます!

②マイナンバー(個人番号)がわからない場合
市区町村窓口で交付申請書を再発行します。
申請時に窓口で本人確認を行えば、
本人限定受取郵便等でマイナンバーカードの受取ができます。

詳しくはこちらから>>

マイナンバーカードの交付申請から市区町村が交付通知書※1を発送するまで、
概ね1か月間※2となっています。

※1交付通知書は市区町村が
 マイナンバーカードの交付の準備ができた旨をお知らせする通知書です。
※2交付申請書等に不備がある場合を除きます。

マイナンバーカードの申請は任意です。

通知カードとは

通知カードはマイナンバーが記載されている大切なカードです。

紛失したり誤って損傷したりしないよう、大切に保管してください。

紛失等した場合には再発行が可能ですが、
平成28年1月以降の再発行の際には再発行手数料(500円)が必要となります。

スポンサーリンク

マイナンバーカードのメリットとデメリット

マイナンバーカードのメリットとデメリット

マイナンバーカードのメリット
就職、転職、出産育児、病気、年金受給、災害等、多くの場面で
個人番号の提示が必要となります。

通知カードの場合
運転免許証や旅券等他の本人確認書類が必要

マイナンバーカードの場合
一枚で番号確認と本人確認が可能

マイナンバーカードを取得すると
・本人確認の際の公的な身分証明書として利用できる。

・市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードが
 マイナンバーカードと一体化できるようになる。

・平成29年1月から開始されるマイナポータル(※)へのログインをはじめ、
 各種の行政手続のオンライン申請に利用できるようになる。

・オンラインバンキングをはじめ、
 各種の民間のオンライン取引に利用できるようになる。
・コンビニなどで住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できるようになる。

※行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できるほか
 行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から
 自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できる

マイナンバーカードのデメリット
紛失や盗難などによって、情報流出の可能性や不正利用や悪用される可能性がある

こう見ると、今のところは
身分証明書になったり、各種の行政手続きや公的証明書の取得には便利ですが、
身分証明書は免許証や健康保険証でも大丈夫なので、
急いでマイナンバーカードを発行する必要もないのかなと言う感じもします。

子どもにマイナンバーカードは必要?

もしマイナンバーカードを申請する場合、
子どもの分も一緒にマイナンバーカードはした申請した方がいいのでしょうか?

マイナンバーカードのメリットから考えると、
子どもが小さいうちは本人が公的手続きをすることはないので、
申請しなくてもいいような気がします。

マイナンバーカードには有効期間があります。
発行の日から10回目の誕生日まで
また署名用電子証明書及び利用者証明書の有効期間は、
発行の日から5回目の誕生日までです。

20歳未満の方のマイナンバーカードの有効期間については、
容姿の変動が大きいことから、
顔写真を考慮して5回目の誕生日まで

それを考えると、親が管理することになる子どものうちは、
今のところ急いで申請しなくてもいいような気がします。

マイナポイントとは

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、
選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、
そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが
「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

詳しくはこちら>>

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました