郵便転居届、転送期間の延長、手続き、e転居、ネット申込

引越し

郵便局への転居届
転送期間の延長は出来るのか
転居届の申し込み方法などについてまとめました。

スポンサーリンク

郵便局への転居届

郵便局に転居届を出すと
1年間、旧住所宛の郵便物などを新住所に無料で転送してくれます

転送の延長

転居届を出して1年経った後
その後も転送の延長をしたい場合は
再度、届出をすることで延長することができます

転送期間

転送期間
転送開始希望日からではなく、
届出日から1年間

郵便物の転送
 転居届に記入した転送開始希望日から転送

転居届を提出してから、
登録までに3~7営業日を要します。

なので転居する時は、
早めの転居届の提出が必要となります。

私の場合
2018年12月5日に転送の申込みをしました。
転送開始希望日は12月13日でした。

この場合
転送の期間は届け日から1年なので
2019年12月4日までとなります。

なので私がもう1年転送を延長したい場合
転送開始希望日は転送期間が12月4日までなので
再度届を出す場合には
転送開始希望日は12月5日としなければなりません。

転送届を提出して受理されるまで3〜7日かかるとされてい亮ちゃん
余裕を持って、
遅くても1週間前の11月28日までには届出を出さなければならないことになります。

届出は、2ヶ月前から受け付けてもらえるので
早めの手続きをお勧めします。

スポンサーリンク

郵便物の転送手続き

郵便物の転送の手続き
・郵便局の窓口

・専用はがきで郵送手続き

・e転居(インターネット)

e転居

e転居
 インターネットで申し込みが可能です(無料)
 
 ※申し込みの際は、ゆうびんID(本人認証済)でのログインが必要

ゆうびんID
 集荷や再配達、転居をはじめとした
 日本郵便が提供する各種サービスをより便利に利用するためのID

ゆうびんIDについて
詳しくはこちらから>>

e転居について
詳しくはこちら>>

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました