郵便転居届の転送期間の延長、ネット手続きはe転居、スマホ、パソコン

引越し

郵便局への転居届、転送期間の延長は出来るのか、
転居届の申し込み方法などについてまとめました。

スポンサーリンク

郵便の転送の延長は出来る?

郵便局に転居届を出すと
1年間、旧住所宛の郵便物などを新住所に無料で転送
してくれます。

その後も延長をしたい場合は再度届出をすることで延長することができます。

郵便物などの転送期間は届出日から1年間

郵便物などの転送期間は転送開始希望日からではなく、
届出日から1年間になります。

そして郵便物の転送は
転居届に記入した転送開始希望日から転送されます。

転居届を提出してから、登録までに3~7営業日を要します。
なので転居する時は、早めの転居届の提出が必要となります。

私の場合、2018年12月5日に転送の申込みをしました。
転送開始希望日は12月13日でした。

転送の期間は届け日から1年なので
2019年12月4日までとなります。

なので私がもう1年転送を延長したい場合は、
転送開始希望日は転送期間が12月4日までなので
再度届を出す場合には
転送開始希望日は12月5日としなければなりません。

転送届を提出して受理されるまで3〜7日かかるとされています。
なので、余裕を持って、
遅くても1週間前の11月28日までには届出を出さなければならないことになります。

届出は、2ヶ月前から受け付けてもらえます。

スポンサーリンク

郵便物の転送手続きはネットからも出来る!

郵便物の転送の手続きは
郵便局の窓口で行うか、郵送するか、
e転居を利用すればネットからも手続きすることができます。

※ネットから申し込む場合、
 パソコンやスマホどちらからでも申し込みはできますが、
 手続きの際に、
 転居届受付センターへ電話をすることになルため
 携帯電話またはスマートフォンが必要となります(PHS可)

※申し込みの際、メールアドレスが必要になります。
PCサイトより申し込みの場合は
携帯電話のメールアドレスは利用することができません

※申し込みの際、届け人の携帯電話またはスマートフォンが必要になります(PHS可)。
 携帯電話またはスマートフォンを持っていない場合は、e転居は利用できません。
 その場合は、お近くの郵便局にて転居届を提出してください。
 その際、ご本人の確認のため
 運転免許証、各種健康保険証等が必要となります。

※転居者の転居の事実の確認のため
 転居者の旧住所又は新住所(転居先)を訪問する場合があります。

e転居について、申し込みはこちらから

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました