新幹線の大型荷物の事前予約、対象となる荷物、ベビーカー

生活

東海道・山陽・九州新幹線の
事前予約制の対象となる荷物、ベビーカー、
特大荷物置き場の設置場所、実施時期、予約開始時期
などについてまとめました。

スポンサーリンク

東海道・山陽・九州新幹線で大型荷物の持ち込み、事前予約制対象荷物

東海道・山陽・九州新幹線で
車内に一定以上の大きさの荷物の持ち込む場合
荷物置き場を指定席とセットで
予約してから乗車する事前予約制を導入されることになりました。

事前予約制の対象となる荷物

 3辺の合計が160㎝超え250㎝(89*61*35)以内の荷物(特大荷物)
  ※特大荷物の大きさは、概ね国際線航空機における有料預入荷物のサイズに相当
  ※3辺の合計が250㎝超の荷物は従来より持ち込み不可

新幹線の荷物棚に収納できるサイズ
 3辺の合計が
   〜115㎝(50*40*25)機内持込可(参考:国際線航空機)
   〜160㎝(75*50*35)預入可(無料)(参考:国際線航空機)

スポンサーリンク

新幹線、特大荷物置場、特大荷物置場つき座席

特大荷物置き場は以下の2箇所に設置予定となっています。

荷物スペース・・・客室内最後部座席後方にある既設スペースを新たに指定(2020年5月〜)

荷物コーナー・・・車内デッキ部にある一部の洗面所を整備し新設(2023年度〜)
        盗難防止のため二重ロック方式を採用

  ※いずれも特定の指定席(特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約することで利用可

①の荷物スペースは最後部座席を予約することで利用することが出来ます。

予約に際し、荷物置場のための追加料金はありません

予約なしに特大荷物を車内に持ち込んだ場合
 ①1000円(税込)の手数料
 ②荷物は車掌が指定した場所に置く

新幹線、ベビーカーの置き場所は

ベビーカーなどを新幹線に持ち込みたい場合はどうなるのでしょう?

ベビーカーなど荷物置き場を必要とする事情がある場合も
特大荷物置場を使用することが出来ます。

新幹線の特大荷物置き場の実施はいつから?

特大荷物の事前予約は、
2020年5月中旬の乗車分から導入されます。

予約は2020年4月中旬から始まります。

荷物コーナーに関しては、
2023年度よりサービス開始予定となっています。

詳しくはこちら

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました