お腹が鳴るのはどうして。お腹の鳴る原因と鳴るのを止める方法。

未分類

静かな授業中や会議中、そんな時に気になりませんか?お腹の音。
鳴ったら嫌だな、鳴らないで欲しいと思ったときに限って、お腹が鳴っちゃうことってありますよね。
周りは意外と気にしてなかったりするんだけど、やっぱり気になるし、恥ずかしくなっちゃいますよね。
どうしてお腹が鳴るんだろう?
お腹の音を止める方法ってないのかな?
気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク
  

どうしてお腹が鳴るのかな

お腹が鳴る原因は、空腹時に鳴る場合と、食後になる場合の二つがあります。

お腹のグーという音の原因は胃の中の空気です。
血液中の糖分が少なくなると、空腹感を感じるようになり、胃は食べ物が入ってくる準備をします。このとき胃の中の空気も一緒に腸に送られ、お腹が鳴ります。

胃や腸の動きを調節するモチリンというホルモンの血中濃度がピークに達すると、胃が強く収縮し、お腹が鳴ります。
空腹期収縮は、90~120分間隔で起こります。食物を消化する食後期収縮の後にも強い収縮が起こり、お腹がなります。

早食いをすると、食物と一緒に多くの空気を飲み込んでしまいます。
空気がお腹に溜まると、腸を動かし、お腹が鳴ってしまう原因になります。

炭酸飲料は、ガスを飲んでいると同じような状態なので、お腹から音が発生する可能性が高くなります。
お腹が鳴るのを避けたい時は、炭酸飲料を飲むのは避けたほうがいいでしょう。

食べたものが原因でお腹が鳴ることがあります。
熱すぎる食べ物や冷たすぎる食べ物、辛すぎる食べ物を食べた時、お腹が鳴る原因になります。
胃腸に対して刺激が強く負担になって、胃腸の働きが活発になってお腹が鳴ってしまいます。

食事の時にお茶や水を摂りすぎると、胃酸が薄くなって消化機能が弱くなり、食べカスが残りやすくなります。食べカスが残るとガスが発生しやすくなりお腹の音が発生する原因になります。

消化が終わってから水分を摂るようにすると、食べカスが残りにくくなります。

スポンサーリンク

お腹の音を止める方法は

お腹が鳴る原因はわかったけど、
もしお腹が鳴りそうになった時に、お腹の音を止めるにはどんな方法があるのでしょうか。

 背筋を伸ばす 

人間の体は誰しも少しは丸まっています。丸まっていると、腹腔の面積が広くなってしまいます。
背筋を伸ばすことで腹腔を狭くし、その空気圧で胃腸が動くのを止めることが一時的に抑えることができます。
お腹が鳴りそうになったら背筋を伸ばしてみましょう。

 腹式呼吸 

胃に空気を取り込むことで、その空気圧により胃腸の働きを一時的に止めることができます。
お腹が鳴りそうになったら、深呼吸をするように、リラックスして大きく息を吸いながらお腹を膨らませます。
次に、お腹を膨らませた状態で、息を止めてお腹にぐっと力を入れ、数秒キープし、ゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませます。

 背中をたたく 

胃の後ろくらいの位置の背中を叩くことで、胃に溜まった空気を腸に送る手助けをすることができます。
息を吸ってお腹を膨らました後に、背中を叩きながらゆっくり息を吐きましょう。

 合谷を押す 

万能のツボと言われる合谷というツボがあります。
人差し指の骨と親指の骨を手首の方に向かって指でなぞって、2つの骨の合流した地点からやや人差し指よりに上がったところにある骨と骨の間にくぼみがあります。その周辺を押して、鈍い痛みを感じるところが合谷です。
この合谷を押し続けると、お腹が鳴るのを防ぐことができます。

まとめ

お腹が鳴る原因はいろいろあるんですね。
運動不足や睡眠不足もお腹が鳴る原因にもなるようです。

お腹が鳴ることを気にして、それがストレスになって、それが原因でお腹がなることもあるようなので、
あまり気にしないことが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました