新じゃがとは、特徴、保存方法、おいしい食べ方、調理方法

生活

新じゃがとは、
新じゃがの特徴、美味しい食べ方、調理方法
についてまとめました。

スポンサーリンク
  

新じゃがってどんなじゃがいものこと?

新じゃがってどんなじゃがいものことをいうんでしょうか?

日本でのじゃがいもの主な産地は北海道です。

そして、長崎県や鹿児島県など冬場の九州地方でも
じゃがいもは多く栽培されています。

北海道では春に植えて秋に収穫し、
九州では冬に植えて春に収穫しています。

国内生産量1位の北海道では、
春に植えて秋に収穫したものを貯蔵して、翌年まで少しずつ出荷しています。

新じゃがというのは収穫してすぐに出荷したものをいいます。

春先に店頭に並んでいるのは、九州の新じゃが

秋に店頭に並んでいるのは、北海道の新じゃが
 

スポンサーリンク

新じゃがの特徴

新じゃがの特徴

新じゃがは、通常のじゃがいもに比べて、ビタミン類が豊富です、
薄い皮には植物繊維も多く、水分が多くみずみずしいです

水分が多いため、傷みやすく日持ちしないので、
購入したら早めに調理しましょう。

食べきれない時は、
新聞紙に包んで日の当たらない涼しい場所で保管しましょう。

低すぎる温度で保存すると味が落ちてしまうので、
冷蔵庫では保存しないようにしてください

日が当たる場所に放置すると、
芽が出たり、皮が緑に変色してしまいます。

緑色になった皮やじゃがいもの芽にはソラニンという毒が発生します。

緑色になった皮や出てきた芽はしっかり取り除いてから、
調理しましょう。

新じゃがのおいしい食べ方

新じゃがはどう調理すると、おいしく食べられるでしょう?

皮が薄くみずみずしい新じゃがは、
皮ごと調理するのがオススメです。

蒸してじゃがバターにしたり、
皮ごと素揚げしたり、甘辛く煮たりするとおいしいです。

新じゃがは、煮込みすぎない方が特徴がいかせます。

ポテトサラダでも、
新じゃがいもを使うと、みずみずしい食感が楽しめます。

ゆでるときは皮ごとゆでた方が、水っぽくなりません。

丸ごと焼くときは、穴を開けてから焼くと、水分が抜けてほくほくになります。

ビタミンCの多い新じゃがは
お肉と一緒に摂取すると鉄分の吸収がアップします

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました