学生の国民年金、学生納付特例制度とは。手続きに必要なもの

生活

20歳の誕生日の前に
国民年金の加入の案内が届きます。
その案内の中に
国民年金保険料、学生納付特例の申請について
という案内も同封されてきますが
それはどういうものなのでしょう。

スポンサーリンク
  

国民年金とは。加入手続きの方法は

国民年金とは、
年をとった時、
病気やケガなどでいざという時の生活を
現役の世代、みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。

20歳以上60歳未満の
日本国内に住むすべての人は
国民年金の加入が義務づけられています。
20歳になったら国民年金の被保険者となり、
保険料の納付が義務づけられています。

国民年金の加入手続きの方法は
日本年金機構より送られてくる
国民年金被保険者資格取得届書を提出します。

国民年金被保険者資格取得届書に必要事項を記入し
誕生日の前日から14日以内に
住んでいる市区役所、町村役場の国民年金担当窓口に
提出します。
郵送も可能です。

20歳になった時点で
・厚生年金保険に加入している方
・厚生年金保険に加入している配偶者に扶養されている方
この場合は
国民年金被保険者資格取得届書の提出は不要となります。

学生納付特例制度とは

学生については、
申請により在学中の保険料の納付が猶予される
「学生納付特例制度」が設けられています。

対象となるのは
・大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校
  各種学校(学校教育法で規定されている修業年限が1年以上の課程
  (一部の海外大学の日本分校も対象となります)

・本人の所得が一定以下の場合
  本年度の所得基準(申請者本人のみ)
    118万円+(扶養親族等の数)×38万円で計算した額以下である場合

スポンサーリンク

申請できる期間 
 ・過去期間は申請書が受理された月から2年1か月前
  (すでに保険料が納付済みの月を除く)まで
  将来期間は年度末まで申請が出来ます。

 ・1枚の申請書で申請できるのは
  4月から次の年の3月までの12か月間となり  
  年度をまたぐことはできません。
  
添付書類
 ・年金手帳(氏名記載ページのコピー)
 ・学生証(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は
  裏面も含む)のコピー
  または在学期間がわかる在学証明書(原本)

申請書の提出先
 ・住所地の市区役所、町村役場の国民年金担当窓口
  または年金事務所(郵送による提出も可能)

申請書の3枚目は本人控えになります。

郵送で提出する場合
受付印のある本人控えが必要な場合は
2枚目と3枚目を一緒に
宛名を記入、所要額の切手を貼付した返信用封筒を同封し
郵送します。

国民年金保険料学生納付特例申請について

国民年金保険料の学生納付特例申請書を提出するときの
添付書類で
年金手帳(氏名の記載ページ)の写しとあります。

しかし、
初めて国民年金の資格を取得する場合は
年金手帳はまだ手元にありません。
年金手帳は届け出を出してから
後日郵送されてきます。

なので、
年金手帳が届いてからではないと
学生納付特例申請書は提出できないのかと思いましたが
国民年金の資格取得届書を提出するときに
同時に学生納付特例申請書できました。

学生納付特例申請書ですが
申請できるのは1年ごとになります。
次年度に関しては
新年度の手続きについてのお知らせが送られてきます。
申請書ハガキに必要事項を記入のうえ、
プライバシー保護シールを貼って返送することで
新年度の手続きとなります。

まとめ

このような手続きは
期限が決められているので
くれぐれも気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました