酢たまねぎの進化版?氷酢たまねぎとは?その作り方と効果

未分類

血管の若返らせるとして話題の酢しょうが
その酢しょうがに続く新しいスーパー調味料が氷酢たまねぎです
酢たまねぎの進化版らしいのですが
どんなものなのでしょう

スポンサーリンク
  

氷酢たまねぎとは

以前紹介した血管年齢を下げる働きのある酢しょうが。
この酢しょうがに続く新しいスーパー調味料が
氷酢たまねぎです。

この氷酢たまねぎは酢たまねぎの進化版なんです。

酢たまねぎとはスライスした玉ねぎを酢につけたもので、
血糖値や中性脂肪に高い効果を発揮すると話題になったもので
実際に私の両親も毎日食べていて
私も実家に行くと必ず食べているんですが
その酢たまねぎを発案した周東寛ドクターが
健康効果はそのままで保存期間が長く
この分野の最終形態と言っているのが氷酢たまねぎです。

以前紹介した酢しょうがと酢たまねぎの違いは
酢しょうがは
しょうがの成分は保温効果が高く
寒い冬に縮こまった血管を拡張する効果に優れています
酢たまねぎは
玉ねぎには血液をサラサラにし、
血管若返りの成分に長けている

なので
暖かい春には血管若返りに長けた
氷酢たまねぎが効果的です。

氷酢たまねぎの効果とは

中性脂肪が高く、
血管年齢が高い
これが続くと動脈硬化が続き、
心臓にきて深刻な状態になってしまいます。

酢には中性脂肪を減らし代謝力を高める作用があり
主成分でもある酢酸には血流促進、血管拡張効果があります。
たまねぎには血液をサラサラにし、血流が良くなり
血圧を下げる効果をもっていて
酢とたまねぎは効果を倍増させる最高の組み合わせです。

玉ねぎはすりおろすことで消化吸収力がアップします。

疲労回復にも効果があります。

氷酢たまねぎの作り方と使い方

氷酢たまねぎの作り方
【材料】
  玉ねぎ2個(大きめのもの)
  酢150㎖
  はちみつ100㎖
【作り方】
  ①玉ねぎの皮を取り、4等分に切ります
  ②ミキサーにたまねぎ、酢、はちみつを入れ、ピューレ状にします
  ③製氷皿に入れて、冷凍庫で一晩凍らせます

スポンサーリンク

氷酢玉ねぎを作るときにベストなのは黒酢です。
黒酢はビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で
クエン酸の効果で基礎代謝がアップします。

玉ねぎを使う時に
普通の玉ねぎと新玉ねぎで迷ったら新玉ねぎがおすすめです。
新玉ねぎは水分量が多く、ミネラルも豊富で、
糖度が高く甘みが強いので
味わいが豊かになります。

氷酢玉ねぎは1ブロックが25ℊなので
1日に3ブロック食べればOKです。

普通の食事に1日3ブロック(75ℊ)を
溶かしたり料理に混ぜて頂きます。

みそ汁に入れたり
カレーに入れたり
生姜焼きに使ったり
玉ねぎのみじん切り代わりにハンバーグに使ったり
ミートソースの玉ねぎの代わりに使ったり
ポン酢代わりに使ったり
いろいろなお料理に使えます。

氷酢玉ねぎは凍らせてもシャーベット状なので
お料理にとても使いやすいです。

醤油+氷酢たまねぎ
マヨネーズ+氷酢たまねぎ
で、ドレッシングにしたり

カップ麺に氷酢玉ねぎを入れて
そこにお湯を注いで食べるのもOKです

氷酢+果物でスムージーにして飲むのもおススメです。

氷酢たまねぎにチャレンジしていた早見優さんは
ロケに出て料理が出来ない時は
タッパーに入れて持っていき
ロケ先の食事に添えて食べていました。

同じくチャレンジしていたTKOの木本さんは
冷ややっこに氷酢玉ねぎ+醤油で食べたり
野菜ジュースに氷酢玉ねぎを入れて飲んでいました。

まとめ

番組で10日間チャレンジした主婦3人は
血管年齢が平均で-19.3歳
ウエスト周りも約2センチダウンしていました。

早見優さんは元々42歳と若かった血管年齢が39歳と
実年齢より-10歳若返っていました。
高かった疲労度も下がっていました。

木下さんは体脂肪率が少し下がり
血糖値が平常、中性脂肪も減ってきていました。
そして59歳だった血管年齢が42歳と17歳マイナスで
実年齢44歳より2歳若返りました。

お料理の時短にも繋がったり
簡単だけど、なかなか効果のある氷酢たまねぎ
ぜひいろいろと試してみたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました