子どもの目にも紫外線対策を。紫外線が目に及ぼす影響と対策。

未分類

外で元気に遊ぶ子供たち。
そんな子供たちの紫外線対策はどうしていますか?
紫外線が肌に悪い影響があるため、子どもにも紫外線対策している方も多いと思いますが、紫外線は肌だけではなく、目にも悪い影響があります。
紫外線が子ども達の目に及ぼす影響と対策を把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク
  

子どもの紫外線の影響は?

発育中の子どもは大人よりも環境に敏感です。
生涯に浴びる紫外線量の半量は18歳までに浴びると言われていて、
子どもの時に浴びた紫外線量が大人になったときに影響してきます。

また、紫外線のダメージは長い年月をかけて蓄積します。
紫外線ダメージの蓄積によって、
大人になってからかかりやすい目の病気があると言われています。

紫外線のほとんどは眼の角膜吸収されるのですが、
波長によっては水晶体や眼球の奥にある網膜まで到達して眼も日焼けすることがあります。

主な症状は、眼の乾燥、充血、かゆみ、涙が止まらない、などです。

目が痛くなったり充血したり、
紫外線が引き起こす角膜の炎症は数日で治まります。

子どもが瞳が白く濁る白内障になることはまれですが、
白目の一部が黄色くにごり、目が血走ったり、乾いたりする瞼裂斑(けんれつはん)は
長期の紫外線の蓄積によってかかりやすくなると言われています。

スポンサーリンク

子どもの紫外線対策には何がいい?

成長過程にある子どもの目は、大人よりも光を通しやすいので、肌と一緒に、目の紫外線対策も必要になります。

子どもの目の紫外線対策には帽子、サングラスをつけましょう。

 帽子 

遊びにくくない程度で、少し大きめのつばの帽子を選びましょう。

 サングラス 

レンズが濃い色だと、
瞳(瞳孔)はもっと光を入れようとして大きく開いてしまい、
結果的に多くの紫外線を浴びて、
メラニンの生成を促進し、眼に負担となってしまいます。
選ぶときは薄い茶色を選びましょう。

近視用などの眼鏡も紫外線カットの機能があるため、
サングラスと同様の効果が期待できます。
紫外線を防ぐコンタクトレンズも売られています。

また、紫外線を多く浴びた日には、
子供用の目薬でケアしてあげることも効果的です。

まとめ

紫外線対策は肌だけでなく、目にもしっかりと対策が必要ですね。

紫外線の肌対策はこちらでまとめています。

しっかりとケアして健康な目で過ごせるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました